シラコダイレシピ!釣った外道を刺身で食いマッスル!

シラコダイ調理!お造りで食いマッスル!

イサキ船の外道としてエースが釣ったシラコダイ!

鼻『それ食いなよ!!』

ちょっと距離がある釣り座だったエースに鼻が叫ぶと、
恥ずかしそうにこっちに来た。

エース『恥ずかしいからクーラー入れたくないっす笑』

そういって何故か鼻のクーラーに入れて、しかもそのまま忘れてった結果、
何故かわたくし鼻のおばけがコイツを食らうことに、、、

スポンサーリンク

シラコダイってどんな魚?

いつもの市場魚貝類図鑑だ!
https://www.google.co.jp/amp/s/www.zukan-bouz.com/amp/syu/%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25B3%25E3%2583%2580%25E3%2582%25A4

ここで知っていたら学者級に分類される魚も結構知ってるようになってきた。
釣りってすごい( ͡° ͜ʖ ͡°)

生態!

海水魚。岩礁域。
伊豆諸島、小笠原諸島、千葉県外房〜九州南岸の大平洋沿岸、屋久島。
朝鮮半島南岸、台湾、フィリピン諸島北部。

とのこと。
釣りマッスルでは2匹目の釣果だ。

鱗は硬く細かい。
骨は硬い。歩留まりが悪く、血合いがキレイな白身。
年間を通してのクセ、臭みのあるなしなどは不明。

歩留まりが悪いのは見て分かるが、10cmそこそこの魚で歩留まり悪いとなると、
可食部が、、、、笑

お造りにしていきます!


スポンサーリンク

改めて可愛い見た目( ͡° ͜ʖ ͡°)


熱帯魚チック。
食うのが可哀想ではあるが、持ち帰ってしまった以上、私の肉となっていただく!

三枚に!

鱗は取りやすい。

小さいという意味では捌きにくいが、まぁ小型のカワハギ感覚というか、
見質が硬いので特に問題なく捌ける( ͡° ͜ʖ ͡°)

そして、
このサイズの魚にして圧倒的に太く硬い腹骨。

腹側の身は腹骨すきとりでかなりの部分が消滅する。

完成〜!

とりあえずお造りにはなったかな( ͡° ͜ʖ ͡°)

味は別に全然まずくないっすよ!

淡白であまり旨味って意味ではあれですけど、昆布締めとか良さそう( ͡° ͜ʖ ͡°)

みなさんも是非に!

じゃあの。

スポンサーリンク


YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
関連コンテンツ
[関連コンテンツ]

シェアする

フォローする