真鶴でエギング船デビュー戦!いや、そもそもエギングデビュー戦!!

真鶴港の八十吉丸から!エギングデビュー!!

いやーホントに釣りに行けてないっす!
やばいっすホント。

せっかく平日休みが取れたので違うことしたいなって( ͡° ͜ʖ ͡°)
やっぱ新しいことやるなら空いてる平日じゃないと( ͡° ͜ʖ ͡°)

つーわけで色々調べてたら、
真鶴港の八十吉丸さんがアオリイカ・アマダイリレー船で出船確定とのこと!

行ってきました( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク

エギング初挑戦までの道

かつてソルトと、、、

かつてソルトとエギングやろっつってテキトーに深夜から三戸浜堤防かなんか行ったことはありましたな!
ただ、明るくなる前に打率.479くらいの感じで根掛かりして、
あまりに高いエギがポンポンなくなるから心折れてエギングとは距離を置いていたのです( ͡° ͜ʖ ͡°)

とりあえず予約!

エギング初めてだと伝えると、少し困惑していた笑

『まぁやり方教えるけど無理そうならアマダイまで待ってればいいよ、たぶんエギングはあんまやんないから』
くらいの感じで受けていただいた!もちろん貸し竿!

『とりあえずエギだけ用意していきます!!何色がいいすか?』

自分でも、好みによるだろ、と突っ込みたくなる質問にも丁寧に答えていただいた!
イワシがいいから緑系とか青系とかとのこと!

それに、ネットで仕入れた鉄板はピンク系とオレンジ系という情報をもとに購入!!

いやエギたけえよ!!!!!

いざ、真鶴へ!!

3時に家を出ると小雨、そしてめっちゃ満月だった。

なんかこええ

到着して受付時に言う。
『アマダイは大丈夫っす!エギングのほうはエギしか持ってきてないっす!』

女将さん困惑。
『え、中オモリは?』

す、すいません、全部貸してくだしゃい、、、

なんせ潮が澄んじゃって最近アオリイカは良くないらしい。

まぁ本日の私は船エギングなんたるかを知れればいいと。とりあえずやり方を学んで次からはさもベテラン感を出せればいい。願わくば1杯だけでいいから釣りたい。偉そうに船エギングを語るために。

そんな私にとってこの午前船がさらに半分になってアオリイカからアマダイへリレーしてくれるのはまさに理想の船であった( ͡° ͜ʖ ͡°)

船に乗る!

3人での出航だ!

『エギ初めてなんでご迷惑をおかけするかもしれないっす、よろしくお願いします!』

お2人はご友人の様子の年配者!
しかもエギは初めてと2回目だそう。
『2回目だけど前回はボウズだからね!』と。

ものすごい安心感!!
聞けばこのお2人のセレクトのこのリレープランらしい。最高です!!

しかし八十吉丸さん、船長が超寡黙!!

出船前に色々船で作業されてたんだけどここまで私と船長の間に会話なし笑

同乗のお二人に聞いてみた。
『船長もしかしてすごい怖い人スカ?』

お2人とも笑いながら気にすんなって言っていただいて一息。しゃべらない方らしい。

しかし釣り方が分からんので教えてもらうために話しかけまくる作戦!!
鼻『船長、初めてなんで釣り方教えてください!』

黙って俺のとこに来た船長は、めっちゃ丁寧に教えてくれた!
しかし、すごい声が小さい!!
エース、ソルト、ジェルといい私は釣りのとき声が小さい人に支えられて生きてるらしい( ͡° ͜ʖ ͡°)

俺の4つのエギレパートリーから緑を選んでいただき、スタート!!

エギングデビュー!!

緊張の第1投!!

いや緊張とかしてないけど。

とりあえず鼻の秘蔵っ子、緑のエギが海中へ消えていく。
水深は35mくらい。
ハリス+2mあげて5秒おきにシャくる。それだけだ!!

なんだ簡単じゃねーか!!

はやくも船エギングのやり方はマスターした!目的達成だ!!

と思ったら、ググッ

!?!?
かかった?
おーかかった!!

いきなりかかった!!1投目で!!

やば、え、引いてる?あ、引いてる!!

浮いてきた。

これよこれよ!!!!
いきなりエギンガーとしての階段を爆のぼりする鼻のおばけ。
鼻のおばけ改めなんだかんだ釣る男さんの爆誕である( ͡° ͜ʖ ͡°)

しかし小さい笑

まぁ、いいんだ、今回はサイズではない!経験だ!!

ただのビギナーズラック疑惑!

おいおい。

1投目で釣れたってことはいったいぜんたい何杯釣れてしまいますんや!!
アオリイカ絶滅してまう!!
たったひとりの釣り人がエギング始めただけでアオリイカ絶滅してまう!!!

そんなことは余裕の杞憂でした笑

2投目投入から数十分。
しゃくってもしゃくってもこない。
ルアーってあれだね、餌取られたかな?とか言って回収しなくていいから楽ね。

あまりに何もないので、そうだエギを青にしよう!!

って回収したら鬼の手前祭りしてました!!

もう絶望的な。
しゃくりまくった軌跡がすべて詰まったPEとフロロカーボンのフェスティバル。
全切りかーハリスも含めて借り物なのにー

と悩んでいたら船長が黙って出てきて手伝ってくれた。
めっちゃいい人。
こんなになるまで絡ませといて嫌な顔ひとつしない。
寡黙すぎるだけだわ、めっちゃいい人。

かなりの時間マンツーマンで解いてくれてありがとう状態でフェスティバル解消後はアタリなく。

エギング終盤!

やはり下馬評通り、エギングはかなり苦戦しました。
3人で2杯。
もはや1杯釣れたことに感謝しなきゃいけない状態に。

船長が3人の様子を見にきたそのとき。

ググン!!!

鬼合わせした俺は叫んだ。

『食った!!!』

いつものクセで叫んだけど、餌釣りじゃなくてルアーの場合も食ったって言うの?
どーでもいいか。

船長がそんな私を見てなにか言い残して操舵室へ。
しかし例によって声量が小さすぎて私の鼓膜に届かない。

さっきとはレベル違う重さ。
ドラグが出る、というか巻いてもまけない。

これよこれよ!これがアオリイカよ!!!

見たか!!なんだかんだ釣る男よ!!

しかしホントに巻けねえまって貸しリールのドラグ締めてたら船長がなにか言いながら出てきた。聞こえない。
ありがとうございます船長!助けてください!

鼻『かなり重いっす。ドラグ締めまくっていいすか?』
船長『????????(聞こえない)』
鼻『いややばいっすね。』

ここで船長の声、ようやく私の鼓膜に届く。

『根掛かりだよ』

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

顔から火がでたわ!!

なんだよ、食った!!って笑

もっと早くボリュームあげて言ってくださいよwwww

そんな感じでシロウト丸出しのエギングが終了した。

アマダイも終えて帰港時に同乗のおふたりから、
『え?アオリイカ1杯?2杯じゃないの?』
と聞かれたが、とてもじゃないが、
『あの叫んだのは根掛かりでした』
なんて言えないプライドを捨てられないダサい私、、笑

とゆーわけで、
午前アオリイカアマダイリレーは後半戦、アマダイに続く、、、

スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
関連コンテンツ
[関連コンテンツ]

シェアする

フォローする