スマガツオレシピ!釣ったスマガツオは潮汁まで絶好調!

釣ったスマガツオを皮付き刺身と炙りと潮汁で食いマッスル!

鼻のおばけっす( ͡° ͜ʖ ͡°)

いやー思いがけずスマガツオを釣ってしまいました( ͡° ͜ʖ ͡°)

釣行記はこちら!!

河津菖蒲沢の地磯でカゴ&ショアジギング!青物いるかな? 前日までの記事はこちら! まぁ翌日は帰る日な...

最初は寿司屋に持ち込もうと思ったんだけど、
もう二度と釣れないかもしんないので自分で食ってみました( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク

スマガツオ

いつもの市場魚貝類図鑑より。

生息域

海水魚。
相模湾〜屋久島の太平洋沿岸、兵庫県日本海側〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、琉球列島。インド・太平洋の温帯・熱帯域。

東伊豆、つまり相模湾で釣ったわけで、北限かな!!

基本情報

主に太平洋沿岸の温暖な海域を大きな群れを作らず回遊している。カツオ、ソウダガツオ類などと比べるととれる漁こそ少ないものの、味のよさを知る人は多い。
国内では1属1種だが、タイセイヨウにはスマよりも小型のタイセイヨウヤマトがいる。

群を作らないってことはホントに二度と釣れないかもな。なんとサバ科だそうで!

味わい

旬は秋から春。 ただし周年あまり味が落ちない。
鱗は前方部分のみ、皮が薄い。骨はあまり硬くない。
血合いは大きい。大きいほど赤身として赤い。脂がのると赤みが濁る。熱を通してもあまり縮まない。
あらなどからいいだしが出る。

かてえことは抜きにしてとにかく全身が最高級にうまいとのこと!

とりあえず作るよ!!

まずは3枚に!

いやー感慨深い。

なんか背中の部分にちょい鱗があるそうで、無視して捌いて後悔。
ちゃんと鱗は落とそう!

炙りと皮付き刺身に!

とりあえずテキトーにサクに。きれい。

腹側の1本は皮付きのまま刺身に!

残りはタタキに!皮だけ炙る!!

いやもうマジで十分!
夕飯にはホント十分な量!!

なんせ伊豆遠征帰宅当日で買い物もしてないので薬味もなく魚のみ!
色合い悪くてすいません笑

しかしこれがガチで美味いのよ!!やばい。是非。

潮汁!!

頭、カマ、腹骨、血合い骨、背骨、すべてをドボン!

酒と水で煮込んだらどんどん出汁が出て来る!

かるーく塩と、2滴醤油で完成!!

これはマジで至高!!!
すごかったわホント。
魔法瓶にいれて毎回飲み会の最後に飲みたい。
これは史上最強レベル。

ぜひに!

じゃあの。

スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
関連コンテンツ
[関連コンテンツ]

シェアする

フォローする