イラレシピ!釣ったイラを兜煮とムニエルに調理しマッスル!!

釣ったイラを兜煮とムニエルに!もちろん刺身は焼き霜造りで!

どぅーっす( ͡° ͜ʖ ͡°)

鼻のおばけでーっす( ͡° ͜ʖ ͡°)

前回釣行でアマダイの外道として38cmのイラがかかったので食べてみました!

とにかくヌメリがすごいのと、
鱗が正気の沙汰じゃないのでイライラしましたが、(笑うとこです。)
味はとんでもなく美味かった!!!

スポンサーリンク

まずはイラの紹介!

市場魚介類図鑑より!

生息域

海水魚。浅い岩礁域。
新潟県・千葉県館山〜九州南岸の日本海・東シナ海、太平洋沿岸、瀬戸内海、奄美大島。
朝鮮半島南岸、鬱陵島、済州島、台湾、福建省、中国南シナ海沿岸。

基本情報

関東では珍しいというほどではないが入荷量が少なく、一般的な小売り店で売られているのことは少ない。大型で身に厚みがあるものの、知名度は低い。
バラ科のなかでもイラ属はとりわけ味がいいので、九州など産地では盛んに食べられている。関東などでも本種の価値を認識するとよいだろう。

味わい

旬は晩秋から初夏。
鱗は柔らかく大きい。皮はしっかりしているが、柔らかい。
白身でまったくクセがない。柔らかくつぶれやすい身だが、熱を通すと締まる。ほどよく繊維質で口に入れると適度にほぐれる。
いいだしが出る。

つまり、ちょうどピンポイントで旬じゃない笑
美味かったけどな〜

そんじゃ、レシピっす!

まずはイラ。
見た目だよね、課題は。ホントに。
でもクラスに1人はこーゆー顔のやついたよね( ͡° ͜ʖ ͡°)

ヌメリがすごいから、
どこに置いても排水溝のとこまで滑ってくる笑


スポンサーリンク

まずは半身を刺身!焼霜造り!

頭は別の料理で使いたいので、
普段より尻尾寄りのとこで切断!!

まぁいつもどーりサクトリして皮を炙ると。
アマダイと一緒にやっちゃうと。

完成〜!
ツマとかやる体力的な余裕がなかったす!

肉厚で(まぁ分厚く切ったからだけどさ)、上品な味わいでしたよ( ͡° ͜ʖ ͡°)

残り半身はムニエルに!!

まぁこれも普通にやります!
塩胡椒で下味をつける!!
やり忘れたけどやっぱ皮に切り込みいれたほうが形は保てるね( ͡° ͜ʖ ͡°)

小麦粉でコーティングする!

で、バターで炒めまくって完成!!

当然にうまい!!

最後に煮付け!兜煮!!

これがやりたかったから頭側に身を残したんですよ( ͡° ͜ʖ ͡°)

頭がインパクトありすぎ笑

煮付けセット(醤油、みりん、酒、生姜、水)と今回はニンニクを投入!
甘めが好きな人は、つか普通は砂糖いれますよね。私は苦手なんで入れないけど。

あとは落し蓋して時々煮汁かけながら煮込んで完成〜!!

これはガチ。ガチを超えた。鬼うまい。今までの魚レシピで表彰台狙える!!
いやホントに頭肉も頰肉も全部がトロトロ!!

イラのポテンシャルを知った。

とにかくこの兜煮がオススメ!!!

また釣りてえ、兜煮食うために釣りてえ

ちなみにアマダイは、、、

イラに体力使いすぎたのでアマダイは手軽に笑

ただ塩振ってホイル焼き!

ただ酒醤油味醂生姜かけてレンチンした蒸し!

そして勿論!
下味つけてウロコ付きで皮以外に片栗粉して揚げた松皮揚げ!!

アマダイは美味いにちげえねえゲソ

じゃあの。

スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
[関連コンテンツ]