酷暑の鴨下丸で照りゴチを狙う!!

気温36度!照りまくりゴチを鴨下丸で狙う!!

最高の夏ですね!!

ちょっと前ですが三連休の釣行記です!
今回はジェル田ポシェ樹くんと2人釣行でした( ͡° ͜ʖ ͡°)

鼻『なに釣りたい?
ジェル『キハダかな
鼻『なんか結構8月からが多いわ
ジェル『じゃあヒラメマゴチかな
鼻『カサゴやりたいんだけど。デッカサゴ
ジェル『ヒラメかマゴチかな
鼻『ハタとか釣れちゃうかもしんないしさ!カサゴにしようよ!
ジェル『ヒラメかマゴチで。

声が小せえくせにワガママなジェル田くんのために私は、
前回の試練を乗り越え、またまた横浜根岸の鴨下丸さんに連絡しました( ͡° ͜ʖ ͡°)

狙うは真夏のマゴチ!!

スポンサーリンク

鴨下丸!

予約(?)したのは午前マゴチ。
7時集合で6時前には着いたのにすでに船宿前は人だかり。

車を停めて受付を済ませる。

一応HPにあった動画で死ぬほど予習はしたものの、
エサのサイマキエビ(車海老)の付け方とかホント分かんない( ͡° ͜ʖ ͡°)

船長のレクチャー開始!

ひとしきり不安を受け止めまくっていたら船長がレクチャー必要な人を集めた( ͡° ͜ʖ ͡°)
よかったー教えてもらえる!

しかも私の仕掛けをつかってエサ付けのレクチャーしてくれたもんだから、私の1投目は完璧なエサ付けが保証された( ͡° ͜ʖ ͡°)
船長が早すぎたのと、ポジショニングがわるく船長の手さばきが見えなかったが、まぁなんとかなるだろくらいに構えてた。

釣り方のポイントは多くない。

・エサ(ハゼorサイマキ)は元気に保管。くたったら釣れない!
・リールでなく竿先の操作で棚を底から1mに!
・5-10秒に1回棚をとりなおす!(これが誘いになる)
・当たったら7秒で大きくあわせる!

以上だ!

やることは難しくなさそう!

出航!しかしトラブル、、、

出航し、いよいよって時に船長が操舵室でなにやら話し始める。
どうやら乗り遅れた3人組がいたらしく、戻らなきゃいけないらしい。

開始早々なかなかイライラする船長笑

そいつらへの怒りと相対的に俺たちを可愛がってくんねーかなって可愛がられることに他力本願なクズ2人。

船長が中乗りさんに指示。
『3人分ハゼでいいから用意しといて!この時間まで船のってねーやつなんてどーせ釣れねーよ!(サイマキかハゼか)選ばせなくていい!

サイマキだとエサ付けレクチャーが必要なのに対しハゼは上顎に針刺すだけだしね( ͡° ͜ʖ ͡°)
時間の節約よ。

ちなみにエサの付け方は写真でいうとこんな感じ!

船着場に戻り、
特にみんなに謝ることもなく、船長にもありがとうなく、いきなり船長にタメ口で話す3人のおっさんを乗せて仕切り直し出航!!
いやーメンタルモンスターだわ。

ちなみに船は左右に10人ずつ。パンパン!

期待を胸に、釣るよ!!

鼻『釣れなかったら帰り家系ラーメンで薄め柔らかめな
ジェル『合点承知!

最初は千葉富津沖!

第一海堡、第二海堡がすごく近い、なんかすごいわー!

水深はなんと3m!!!

こんなとこにそれしか水深ないとこあんだ、、、
深海魚クラスの深場もあるし、東京湾ってホントすごい。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥36,976 (2018/08/16 12:01:39時点 Amazon調べ-詳細)

開始1分で反対側であたり。
よっしゃーー!!!
あたると船長はそう叫んで操舵室から猛ダッシュでタモ入れ。かっこいい笑

すぐに中乗りさんも釣れて幸先いいスタート( ͡° ͜ʖ ͡°)

と思ったら20分くらいで船長がブツブツいってる。
『あたんねーなー、もっとあたってもいいんだけどなー

そこからはホントあたりなく、
ジェル田の左のおっさんがめっちゃジェル田側に竿先向けるもんだからジェル田とおっさんお祭りまみれ笑

ポンコツ鼻のおばけ!

お祭りにより船長にほどこしていただいた完璧なエサ付けのサイマキが落ちてしまい、
初のサイマキエサ付けのフェーズがいきなりきた。

一生懸命やってようやく付けたサイマキを投入しようとしたその時!

船長『全然ちげーよ!そんなんじゃ絶対釣れねーよ!わざとやってんの?ハゼにしなハゼに。

わりとなんでもセンス良くそつなくこなすタイプだった鼻のおばけが人生初他人からポンコツ認定された瞬間である。

ジェル田爆笑。

わざとやってんの?

これはマジで痺れたわ笑
かなりのポンコツしか言われないセリフだからな( ͡° ͜ʖ ͡°)

でも船長はめっちゃいい人。
言葉わるいけど、俺を釣れる可能性が少しでも高い方に誘導してくれる。
そんな意図がしっかり伝わってきた。


スポンサーリンク

ポイント移動!

たぶん富津沖では船中4本くらい。

次のポイントは横浜方面もどってきて福浦岸壁あたりから。
投げの達人なら届くんじゃねーかくらい近い( ͡° ͜ʖ ͡°)

船長が常連さんに叫ぶ。
『なんだよハゼでやってたのかよ!だからあたんねーんだよ!

ハゼしか許されていないポンコツ鼻、終了

ジェル田『wwwwwwwwww

ここでも反対側で一本釣って終了、、、

工業地帯へ

後半は本牧南埠頭の運河とかからのまさに工業地帯へ。


もはやこのへんで釣れても水が汚さそうであんま食いたくない笑

しかしそんな贅沢な悩みなんて発生するはずもなく、船内あたりは遠い。
船長もお手上げに近い。

あっという間に時は経ち、
船長『あと3回くらいかなー』

エサがかじられもしてない。
ただサイマキとハゼを海底に押し付けるおっさん2人と化した我々。

ラスト2。

、、、、、???

、、、、、、、????

船長のほうを見るや否や
船長『うん、あたってるよ』

船長すごすぎ、ちゃんと見てくれてる( ͡° ͜ʖ ͡°)

鼻『あわせていいすか?
船長『ゆっくり大きくいこう!

ぬぅぅぅぅぅ!!!!!

船長『うえまであわせろ!!!おっしゃー!!!

船長のタモに入ったのは、、、

船長も私も苦笑い( ͡° ͜ʖ ͡°)

納竿!ラーメン

鼻『薄め柔らかめな
ジェル『やだ
鼻『やだとかねえから
ジェル『お前も釣ってねーじゃん
鼻『釣ったから
ジェル『それマゴチじゃねーから
鼻『関係ないから。薄め柔らかめな。

向かったのは、根岸の千家。

千家といえばネギラーメンだ!!!

鼻『固め、濃いめ、少なめで。

ジェル『固め

鼻『おい!!!

ジェル『濃いめ

鼻『おい!!!

ジェル『少なめで

鼻『おい!!!

いやー渋い闘いだったわ。

じゃあの( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
[関連コンテンツ]