金沢八景の釣り船 一ノ瀬丸!難敵マゴチ攻略なるか

東京湾 金沢八景の乗り合い船、一ノ瀬丸さんにて初のマゴチ釣りに挑戦!釣果はいかに?

自らをエースと名乗る男です!

一連のヒラメ挑戦で無事ヒラメが釣れたわけですか、実はエース、やり残してることがあるんです。

ヒラメを求めて三千里!ヒラメの呪縛からの解放なるか?ついに5度目のヒラメ釣り 自らをエースと名乗る男です。 みなさん知ってます? ...

そう!ヒラメは釣れたけど、釣れてないんです!

マゴチが!

正直数回行けばゲストで一回くらい釣れるかなと踏んでたのですが、一度も釣れないとは!

こりゃ大変!こいつを釣らないエースのヒラメ釣りは終わりません。

というわけで行って来ましたマゴチ船@一ノ瀬丸(^ν^)

スポンサーリンク

金沢八景 一ノ瀬丸

ネットでいろいろ調べた結果、コンスタントに釣果が上がっているのは一ノ瀬丸。

値段はちょっと高いけど7:30 – 15:00と時間が長くじっくりマゴチと向き合えそう。

仕掛けは三日月オモリ15号にエビ餌用の一本針。

合わせをガツンと入れる釣りなのでリーダーはなしでPE直結です。

船に乗るとサイマキが5匹入ったバケツを渡されます。

なお、これ以上のサイマキが必要になった場合は1匹100円で購入する感じです(^ν^)

出船を待ってる間、隣の常連さんに声をかけられる。

「お兄ちゃん、今日はよろしくね!」

おいおいと、めっちゃいい人やんけと。

客層はベテラン、常連が半分くらい、中堅感のある人が半分くらいな感じでシニアな釣りでした。

結果的にこのベテランさんには餌の付け方、誘い方、タナ取りの仕方、取り込み方、締め方など全て教えてもらいました(^ν^)

ベテラン常連だけど、高圧的でなく、おまつりとかしても「あーごめんなー」と気さくに言ってくれる。

エースも将来ベテランになってもああいう感じでいたいものです。

いざ、マゴチ釣り開始!

さて、最初のポイントに着き、サイマキをつけると釣り開始です。

仕掛けや餌付など、釣りの概要は別記事で紹介します(^ν^)

底まで落として、タナを取ると水深が変わったらタナを取り直して、待つ待つ待つ。そんな釣りです。

あたりが出るまで誘いようもないので、一本竿だと結構退屈しちゃいますね。

開始から1時間、ちょいちょいあたりらしきものはあるが針がかりせず、退屈をしていると突然

2回くらい竿先が降って、待つと、、

ぐーん!!竿先が一気に沈む。

ビュンと合わせると、うまく乗った。

船長が即座に駆けつけてくれ、竿を立てて取り込むと、

ドンデンドンデン!!

この日船内最大となる61cmのマゴチを1時間で完全まぐれでゲット(^ν^)

これあと5本くらい釣れちゃうじゃんと思ったらそのあとはあたりも止まり、たまにある小さなやりとりもイマイチかけ方がわからず、エースはここまでとなりました。

正直最初のでかなり満足してしまったのであまり悔しさはありませんでしたが、突破口のない6時間は結構辛かった、、。


スポンサーリンク

一方船内は、、

この日の船内は絶好調だったようで、少なくとも左舷は坊主はゼロ、

中堅とエースは1本ずつくらい、後半の時合いに確実に釣果を伸ばした常連軍は5-10本。

完全に力の差を見せつけられました。

船長がものすごく機敏で当たるとものすごいダッシュで駆けつけてくれる。安心感がすごかったです(^ν^)

常連さんたくさんで最初肩身が狭い感じでしたが、みんなフレンドリーで敷居の高そうなマゴチ釣りが身近に感じられました。

基本料金とさいまきの追加代を合わせると結構な出費になるので、しばらく時間は開けると思いますが、また行きたいマゴチ釣り!一ノ瀬丸!

何はともあれ、前から思いを馳せていた強敵ヒラメとマゴチをオフショアながらも無事撃破し、次なるターゲットを見定めるエースである。。

今回利用した釣竿はライトヒラメ竿ですが、マゴチにも難なく対応できました♫

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥12,171 (2018/09/24 18:22:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
[関連コンテンツ]