本牧海釣り施設で妻子とファミリーフィッシング

本牧海釣り施設でベスト・ファーザー賞を狙う! 2018/5/27

お初ですぞ。顔のうるさいソルトですぞ。

先日妻の友人より「子ども(5歳美男子(以下:美キッド)が釣りやってみたいらしい。連れてって」との要望をいただいたので、我が子(以下:小潮)も両奥様も加え2家族6名で行ってまいりました。

子どもに大事なのは成功体験や!これを与えるのが大人の務めや!
これでワイのイクメン評判も爆上がりや!

しかし美キッドは、インドア派だし運動神経無さそうだし、ちょい投げとかでも厳しそうだなってことで、何年振りかにあそこへ

そう「本牧海釣り施設」。

http://honmoku.yokohama-fishingpiers.jp/index.php

こちらの施設、護岸から100m沖に300mほどの桟橋を有するため、ただ真下に仕掛けを落としさえすればなんかしらは釣れるという超絶激甘な施設。

釣り具のレンタルもあるし、仕掛けもエサも現地で買えるので昨今の手ぶらアウトドアの先駆け的な存在なのだ。

つーことで当日9:00現地集合という釣りをナメきった時間に到着。

当然のごとく施設横の駐車場は満車、、、

仕方なく妻子を下ろし、1㎞先のシンボルタワー駐車場へ入庫し歩いて戻る。

こんだけ大規模な施設なら受付もう一か所くらい作れやと早くもブラックソルトが出てきたが、1㎞歩いて平常心を取り戻せた。道中500mくらいまでは帰りたくなっていたのは釣りマッスル読者はお気づきであろう。

スポンサーリンク

いよいよ実釣!

友人家族も到着し、釣り場確保へ。

沖の桟橋はかなり混みあっており、2家族のスペースは厳しいかなぁと思いつつも
キョロキョロしてたら早朝組がちょうど帰り無事確保。

とりあえずは上カゴサビキでシコイワシでも大量に釣ってもらい釣った感を味わってもらえればええやろ。 昼頃にゃどうせ飽きるから、帰ってシコイワシで宅飲みや!

管理棟売店で購入した、オバちゃんおすすめサビキと解凍されたアミコマセをセットし子どもら2人に竿を渡す。

ソルト「よいか うぬら。このクルクルの銀色の枠を起こすと糸がシュルシュル出るんぞ!糸のシュルシュルが止まったら銀色戻してハンドル2~3回クルクル回して竿を上下にゆっくり動かしてエサを出すんぞ。 ぬかるんやないで!」

小潮「小潮はできるよ!ばぁばの海でいっぱい釣ったし!」
小潮は、サビキ釣り経験はあるのでそれなりに形にはなる。

一方で、、、

美キッド「マグロとヒラメ釣る!

心意気は立派であるが、説明した部分以外のリール部位を触りまくる、、、

気づけばリールストッパーOFFにして逆回ししまくりライン出っ放し。
力もないので竿を桟橋ヘリに乗せてガチャガチャやるのでガイド曲がるし、、、
某ジビエ団体のカリスマを思わせるしまつ(笑

そうこうしながらもなんとなく形になり、両名とも「まだエサあるかな?確認する!」
やなんや言いながら自主的に動く。

これや、成功までのプロセスを体験させることも重要なことや。
あとは、ワイ自身が一発釣りあげればベスト・ファーザー賞受賞不可避や

・・・・・10分

・・・・・15分

・・・・・20分

あれ?

この施設こんなに釣れなかったっけ?、、、

飽きはじめるキッズ、、、、

美キッド「釣れないじゃん。マグロ」
小潮「釣れないね、、、」

やべぇ これじゃテキトーに三崎辺りの防波堤行ってお散歩挟むパターンのがマシだったかも、、

小潮「腹減った。 お菓子食べるから竿持ってて」

竿預かると、なんとなく違和感、、

ソルト「おい、ワッパ!これ釣れてるんやないけ?」

巻いてみると水面にシコイワシが見えてきた!

小潮「釣れた!釣れた!」

ソルト「せやろが!注意してんといかんで! アッ!」

取り込みでバラした、、、、

痛恨のミス、、あかん、、やってもうた、、

※写真を見ていただくとわかるが、この桟橋は格子状になっており、シコイワシサイズは落とすと海へ逆戻りしてしまう作りになっているのでお気を付けください。

小潮「あ~あ、」

ソルト「、、面目ない」

小潮「大丈夫。また釣るから」

小潮は父に似ずネチっこくない。助かった。

しかし見渡すと回りもちらほらシコイワシ、コノシロが上がり始めているようだ。

時合や。 この機を逃してはならん!

小題:ソルトが魅せる

ソルト「うぬらはさっさと菓子食うてまえ!時合を逃すぞ!うぬらが菓子食うとる間にワイは一尾あげたるけんのぅ」

ほぼ放置であった自身のサビキ仕掛けにアミコマセ詰めなおし、底から少しずつ上げるウィリー作戦で短期勝負に出る。

これが当たった!

ソルト「それみたことか!!やってやったわ!」

水面には30㎝近いコノシロ!

他客「おぉ デカい!」 「あの人釣れてるよ!大きいね!」
小潮「すごい!釣れた!」
美キッド「すごい、すごい!」

ソルト「いろいろ自分なりに工夫してみるのも大事なんやで! アッ!」

取り込みで桟橋ヘリにぶつけバラす、、、、

一同「あ~あ、、、」
周りのため息が直で脳に響く、、、

ソルト「・・・・」
小潮「またぁ、、、、」
ソルト「面目ない」
小潮「でも釣れたね」
ソルト「うん、、」

なんだこいつは、優しいのか、魚への執着がないのか、、

ええい!まだ時合のはずだ!ガンガンいったるわ!

先ほどのウィリー作戦で再挑戦!
3投目くらい、中層で走った!!

ソルト「きた!すげー暴れる!コノシロじゃないぞ!」

あがったのは、なかなかのサイズのアジ!

他客「すごい!ここでこのサイズのアジはすごいよ!帰りに管理棟で写真撮れらるよ!」
ソルト「まじっすか!あざっす!!」

まぁ、撮られませんでしたわ、、

美キッド「オレも釣る!」
小潮「釣ろう!釣ろう!」

あぁ、まだ妬みとかないんだなぁ、、 エースとは大違いや

小題:美キッド 人生初の獲物
そこからまたしばらくアタリ無し、、
それでもなんとかがんばる子どもら

小潮「大きく動かしてみる!」
しゃくり方を変えてみたり

美キッド「早く回してみる!」
また逆回しでライン出しまくってみたりw

ソルト「美キッド、そんなに糸出しちゃったら魚がかかってもわかんねぞ、やり直してやるから貸してみ」

美キッドが放出したラインを直しつつ、軽くしゃくる。
ん? ちょっと重い

ソルト「美キッド!竿持って巻いてみぃ!釣れてるぞ!」

逆回ししないように注意しながら巻き上げさせる。

あがったのは20㎝ちょいのコノシロ
美キッド「釣れた!釣れた!捕まえる!」

逃がさないとばかりにコノシロ鷲づかみ エーススタイル

その後しばらくやりましたが、コマセ切れで納竿となりました。

そのまま我が家で飲み会。
アジは刺身ショウガ醤油で、コノシロは小骨が尋常じゃないので三枚におろした後に細かく切り込みを入れて片栗粉つけてぶち揚げてやったわ!

撮る前に食われたので調理後写真は無し!
小潮が釣りあげてないのでベスト・ファーザー賞も無し!
次はアジ船かシロギス船でも行ってみるかね。

  

スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
[関連コンテンツ]