【真鯛釣りをエセ科学する】オキアミの頭から針先を出したい!vol.2

オキアミの頭から針先を出したい

鼻のおばけです( ͡° ͜ʖ ͡°)

毎度すいません!
船長その他に言われる“釣れない言い訳”とも取られかねない定説がどうも信じられなくて、
でも信じないわけにいかないので挑んでいく最近のスタイルの記事です笑

オキアミの頭だけ食って行く真鯛に挑む!!! 最近コマセマダイ釣りをよくやってます。 もちろん初心者ですし、毎回釣れるわけじゃないし、船全...
スポンサーリンク

ここまでのあらすじ

マダイはオキアミの頭だけを食う

オキアミが頭だけ食われてあがってきたとき、よく船長に言われるんですよね。
『あー真鯛だな』
って。

ホンマかと。

真鯛・捕食
とかで検索して出てくるマダイはみんなオキアミ(それ以外のエサも)丸呑みだぞと。
丸呑みしてすぐ吹き出してを繰り返すから衝撃で頭取れてるだけなんじゃね?と

まぁでも百戦錬磨の船長の定説を信じないのもアレなので、、、

だったら頭から針先出せばいい

という発想に至ったわけです。

オキアミの頭だけ食おうとしたらそこに針先があったでござる作戦

前回はちょうどいい針を探したらタチウオ針しかなかったので試してみた( ͡° ͜ʖ ͡°)


エサ付けはかなり上手くいく。
左がタチウオ針で右が通常の真鯛針。
頭だけ食べるマダイがどっちにかかるかは一目瞭然な気がした。

ところが、、、

なんとガチで上手い具合に頭だけ食われる有様。
しかもマダイ針に戻したらマダイ釣れるという、完全敗北を喫したのでありました( ͡° ͜ʖ ͡°)

新たな発明 その1

もっといい具合に針先を頭から出す方法はないものか。

暇さえあれば釣具屋に行って使えそうなものを探していた。

タチウオ針では針がデカすぎるので、比重が重くなるのではないかという仮説を立て、
出来る限り比重軽く行けないかと考えてたら、

ヒント発見!!

ワイヤーを使えばいいのか!!

尻尾から針先を挿入してエサ付けするのに、針先を頭まで押し込むにはハリスでは柔らかすぎる
この難点を解決する手段として光明が差した。
しかしワイヤーはやはりハリスと比べて目立つから食いが悪くなる。

そのため、
針→ワイヤー3cm→ハリス
が理想形だという結論になった。

ここでの課題は、
①針にワイヤーを結べないため環付き針となる→環部分が膨らむため、オキアミ体内に押し込みにくい。
②ワイヤーとハリス直結の難易度が高すぎるため、スリーブの使用が前提となる。

真鯛針+ワイヤーでやってみた

まずは環とスリーブの距離を取るパターン。

この場合、比重がでけえよ、というタチウオ針の欠点を補えないばかりか、
スリーブでハリスも結ぶ必要があるため、かなり弱い。

次にオキアミへの差し込みにくさは妥協して、環とスリーブを近く取るパターン。

これはかなり正解に近い気がする( ͡° ͜ʖ ͡°)
ハリスとワイヤーの結び目は写真だと、ブカブカだけどちゃんとやればなんとかなりそう!

試しにオキアミを付けてみよう

いつも通り尻尾からオキアミ入れて、ワイヤーの強度を信じて押し込む押し込、、、、

めねえ!!!!!!


やはり環のオキアミ体内での抵抗がありすぎてワイヤーの強度ではすぐグニョっちゃう、、、

課題②はなんとかなりそうだが課題①をクリア出来ず、、、
とりあえずワイヤーは諦めることになった、、、

新たな発明 その2

うまくいかずに落ち込む私に、神様がアドバイスをくれた。

エースと名乗る男『普通に今までの真鯛針とハリスだけで押し込めねーの?』

なんだこいつ、、、
神様でもなんでもねーわ、やってみろやと。

と、思ったが、ちょっと別の方法を思いつくこととなった。

スポンサーリンク

オキアミに切り込みを入れてハリスを挿入する

やってみた。
まずは腹側の頭部以外に切り込みを入れる。

そしてこのナイフの先あたりから針を入れて頭部に抜く。
あとはチモトを体内に押し込み、ハリスを切り込みの最深部へと誘う。


できた!!

これはかなりいい。

この仕掛けの課題は2つ
①切れ目からハリスが出てくるリスクがあり、エサ持ちに不安がある
②鬼の手返しの悪さ。エサ付けに1分くらいかかる笑

課題①については意外や意外。
オキアミ体液の粘り気に助けられたのか、ブンブン振り回しても無事だった。

課題②はもう解決不能、、、笑
ただこれで死ぬほど釣れるなら全然ありと!!

比重を試験してみた。

仕掛けを作ってエサ付けに夢中になってたら妻がキレてた( ͡° ͜ʖ ͡°)

妻『風呂沸いたっつってんだべ、てめえが入りてえっつーから沸かしたんだべ、舐めてんだべ?』

よし、風呂にはオキアミ君に入ってもらおう!!

前回よりさらに小さいタチウオ針を発見したのでそれにもオキアミ刺してみた。

上がタチウオ針、下が真鯛針。
見た目には遜色ない。
しかしその実、オキアミの体内にあるのはタチウオ針は針本体であるのに対し、真鯛針はハリスだ。

沈み方にどんな差があるか楽しみ( ͡° ͜ʖ ͡°)
左がタチウオ針、右が真鯛針。

謎!!

何回やっても比重が軽いはずの真鯛針が勝つ!!!

なんども見返して1つの仮説にたどり着いた。

・タチウオ針はオキアミ全体に針が貫通しているため、比重が均一で、横向きで落ちていく。
・真鯛針はオキアミの頭にしか針がないので垂直に落ちていく(最初は衝撃で尻尾が下になったが風呂がもうちょい深ければちゃんと頭を下にして沈んでただろう。)

船長『マダイは上から落ちてくるエサ見てんだよ、だからフォールで食う』

幾度となく言われたこの説が正しければ、

大好きなオキアミが
大好きな上から
大好きな頭をこっちに向けて降ってくる

お知らせ!!

次回の真鯛船は、
エースの称号争奪!エースと名乗る男vsイケメン!!

つまり私はただの立会い人なので、
ノンプレッシャーでこの仕掛けを試します( ͡° ͜ʖ ͡°)

乞うご期待!!!

じゃあの

スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
[関連コンテンツ]