多摩川マルタウグイ 圧倒的ボウズ編! | 釣果報告

多摩川でマルタウグイを、、、狙えたのかすら分からなかった話

早春の多摩川で釣れる魚編にて、上州屋某店でもっとも勧められたのがマルタウグイ。
ちょうどこれから産卵のために遡上するところを狙い撃ちすると。
その方いわく、スプーンで狙うとのこと。

結論から言うと、自分がなにをしていたかも分からないくらい大惨敗した。

海でのエサ釣りを本拠地としている鼻のおばけである。
川でのルアー釣りはまさに対局。

私が羽生善治先生に羽生つながりでフィギュアスケートやるようなもんだ。

そもそも、
店員『スプーンで狙うんですよ
鼻『ほーん(スプーンてなんやねん

てなレベルなわけで、このブログの読者の皆様は基本海釣ラーでしょうから、
勝手に敵地に踏み込んでいき、ボコボコにされる鼻のおばけを、嘲笑の眼差しで読み進めていただければ幸甚である。

なぜそこまでして川で釣りがしたいのか。

ただ家から近いからでござる( ͡° ͜ʖ ͡°)
それが出来ればちょっとした空き時間に釣りができるからでござる( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク

準備・情報収集編

上州屋某店

今回そもそもマルタウグイという初耳ワードを教えてくれた上州屋で得た情報は下記の通り。

・堰の下で堰を上がる前のマルタウグイが溜まっている
・スプーンでねらえ!
・斜め上流に投げて底を引きずりながら流して行け!
・丸子橋の堰あたりだ!

上州屋某店(上とは別)

いずれにせよスプーンとか持ってないしジワジワ情報収集も兼ねて別の上州屋へ。
ここでのポイントは、玄人然とすること。

鼻のおばけ奥義、知ったかぶり!!

鼻『マルタウグイってもう出てます?まだ早いかな?
上『そろそろ皆さんやってますよ。
鼻『マジっすか、どのへんすか?やっぱ走りの時期だし丸子橋あたりすか?
上『ん?
鼻『(しまった!走りの時期だしとか付け加えたのミスったか!)いやまだ遡上したてだから下流にいるかなって
上『笑。あー。(バカかこいつ笑)丸子橋あたりは潮と水量で釣り易さ変わりますから、みなさん登戸あたりが多いですね。
鼻『登戸かー。みんなやっぱスプーンですか?
上『スプーンでもいいんですが、フローティングミノーが多いですね
鼻『ほぅ(どれやねんそれ)、どのへんのやつすか?
上『このあたりですかね、、、派手な方がいいですよ。ピンクが去年は良かったみたい
鼻『(確かミノーって浮くやつと沈むやつあるはずや)あれすか?だだ巻きですか?
上『基本は少し上流に投げて軽くテンションかけたまま流されるみたいな。基本浮いてるんで時々アクション加えて沈めたり。
鼻『(なるほど浮く方ね)。スプーンだとどんな感じすか?
上『基本は同じっすね、派手目がいいかも。
鼻『なるほど。スプーンどこでしたっけ?
上『これっす
鼻『(しまったー!真横にあったー!スプーン知らねえのバレた笑)デュフwww近すぎて気付かなかったwwww
上『ちょっとウエイトあったほうが投げやすいのでこのへんとか
鼻『(なるほどこのよく見るガチでスプーンみたいなやつがやっぱスプーンなのね)了解です。登戸あたりは全部ポイントって感じですか?
上『そうですね。釣りやすいと思いますよ

言われるがままの商品を購入。

ネットで情報収集

・フローティングミノーはきつい
・マルタウグイがワシャワシャ群をなしてるからそこに投げるだけ
・丸子橋周辺は釣り禁
・バカでも釣れる
・群を見つける戦い、歩け
・上流になげて流していく

まとめると

もはや全員言ってることが違うから一致してる点とか消去法で正解をまとめた。

・とにかく上流に投げて流す
・ルアーはなにが正解か分からない、試せ
・とにかく見えるから探せ
・登戸ー宿河原付近が良さそう

いざ、宿河原へ!

大学時代、多摩高校出身の友人が多かったので土地勘はかなりある。
そこからして精神的にはかなり楽だ。

とりあえずテキトーに川沿いのコインパーキングに車停めて、

足で探す( ͡° ͜ʖ ͡°)

いきなり目の前に

と思ったらいきなり目の前が堰だった。

二ヶ領宿河原堰というらしい。豪快や。豪快さんなんや。

つか、荒れすぎだろ、川


そう前日は季節外れの大雪。
しかもその後すぐに本日は最高気温17度。
そりゃ全部溶けて流れ込むわ。

とりあえず堰に近づいてみた。
かなりすげえ。近くで見るとすごたにえん( ͡° ͜ʖ ͡°)

ここを遡上ってそれどーやってやんのよ

って思ったら横にしっかり魚用の道が。
うまく出来てるわ〜

そして上がってみるとかなり穏やかに水が溜まってる。
なるほどな〜

さぁ、ルアー投げてみる


スポンサーリンク

堰の下流に

とりあえず下流に歩いてみる。
少しでも流れが緩やかなほうが練習になるかなって。
つかこんな激流じゃマルタウグイもエサ食うどころじゃねーだろって( ͡° ͜ʖ ͡°)

いやマジで濁流

勝手知ったる海にいれば、
『こりゃ釣りになんねーわ』
とか言えるけど、もしかしたらこれが日常かもしれんしな。

流れ込みにコイが


緩やかなとこにコイがめちゃくちゃ溜まってる。

オススメされたミノーだ!


ホンマかいなと。
これに食いつくやつはホンマにそんな小魚見たことあるんかいと。

マジで釣りってわかんねーわ。

オキアミは目のあるもの使わないと見極められるとか、
エビ餌とか締めすぎると身が硬くなって食いが悪いとか、
針先見せたら食わないとか。

色々いったりするくせに、
どんだけ豪快に、あり得ない色のあり得ない硬さのあり得ない針数のやつに食ってくんだよ笑

まぁとりあえずキャスト

クソ軽いのに意外と飛ぶのね。
とりあえず言われた通り上流に向かってなげる。
ピンクの物体が浮きながら激流を流れていく。
下流に行ったら巻く。

!?!?

ん?

海だったら完全にあたりだろってゆーブルブルが手先に伝わってくる。
クソ重い。

巻きながら薄々気づいてたけど完全に流れの影響。流れってすごいのね。
これでホントにマルタウグイかかったらすごい楽しいんだろうな〜

何も起こらず、、、

根性で投げ続けるもなにも起こらず。
まぁなんとなく予想はしてたけど。

でもアレね、きっとルアーマンと特に私のような船のエサ釣りマンは忍耐力が違いますね。
船のエサ釣りは10キャストもすりゃなんかしら反応あるもん。
だからってルアー釣りで10キャストくらいであきらめちゃいかんよね。

スプーンに変更

これよ。

もうね、バカかと。もはや魚の形ですらねえ。
これで釣れるとか釣りってなんなんすか( ͡° ͜ʖ ͡°)

当然釣れない

ちょいちょい亀が顔だけ出しながらながされていく、、、、

もういかんですわ。
亀が流されるような川で釣りすんのが間違えだわ。

納竿しよってしたそのとき!!!

いきなり魚のアタリ!!!

観ると足元の見えコイがスプーンにかかってやがる!!
こりゃいい記念だばいと格闘すること1分くらい。
無事にバラしまして、納竿です( ͡° ͜ʖ ͡°)

じゃあの

スポンサーリンク


YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
関連コンテンツ
[関連コンテンツ]

シェアする

フォローする