スズメダイレシピ!あぶってかもで外道を食いマッスル!!

スズメダイ調理法!あぶってかも!!

いやー本当に苦戦しました。
なんせスズメダイの大群とタカベが同じタナにいるんだもの。

まぁでも伊豆合宿編でスズメダイが美味いのも実証済みなんで。
10匹だけ持ち変えることにした( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク

スズメダイとは

恒例の市場魚貝類図鑑より。

生息域

海水魚。
青森県〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島、琉球列島

基本情報

スズメダイの仲間は食用としてよりも観賞魚として重要。
食用とする地域が限られている。
ただし美味であるため、知る人ぞ知るといったものだろう。
国内では福岡県の干物「あぶってかも」大阪などでの韓国料理の素材として使われている。

味わい

旬は春から初夏
焼いて食べるのが一般的。
非常に脂が強く、濃厚な旨味を持っている。
韓国料理では背ごし(鱗、内蔵、鰭などを取り除いて横方向に薄く骨ごと切る)にする。

福岡じゃ走りの時期は高級魚だと!
まさに今は走りの時期!!

じゃ、あぶってかも作るよ!

スズメダイファミリー。うぜえ笑

なにも言わずに塩漬け

鱗とろうとか、内臓とろうとか考えずに、塩漬けにする!
つっても塩もったいねえからさーっと

漬け込む時間は自由に!

なんかいろんな情報がありますが、自由でいいと思います!
私は1日にしました!
たまたま食べるタイミングが1日後だっただけですが( ͡° ͜ʖ ͡°)

よし、焼くぞ!

妻『グリル使うんじゃねえ汚れんだろ誰が掃除すると思ってんだクソが!

つーわけでこれに。

スポンサーリンク

完成!!

普通の焼き魚くらいの加減にしてみた。
見た目は良くないな笑

実食!!①

妻『うまいけど食うところがねえ!!

たしかに。
味はいいが、あまりに小骨が多い上に硬くて、なかなか食いにくい。

もう少し小骨や鱗もバリバリ食えるくらいにしたいところ、、、

翌日反省を活かして!

普通に焼いてから更に焼く!

やっぱ脂がのり初めてんのね。
自分から出た脂で軽く揚げてるくらいの感じになる( ͡° ͜ʖ ͡°)

完成!

うん、見た目は更に悪くなったね( ͡° ͜ʖ ͡°)

実食!!②

うん!うまいよ!やっぱ多少脂おちるけど良く焼いたほうがいい!
塩加減もあって、酒のつまみにって感じ( ͡° ͜ʖ ͡°)

つーわけで、旬なら、スズメダイは美味い魚でした( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク


YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
関連コンテンツ
[関連コンテンツ]

シェアする

フォローする