タカベレシピ!塩焼きで食いマッスル!!

釣ったタカベの調理法!!

といってもタカベの小魚、、、
しかもら2匹!心して味合わせていただきマッスル( ͡° ͜ʖ ͡°)

でもね、

こんなスズメダイの嵐の中、スズメダイと同じ棚で青光る数匹のタカベを奇跡的に釣り上げたんだ。
心して食おう。

スポンサーリンク

タカベとは

恒例の市場魚貝類図鑑より。

生息域

海水魚。
茨城県〜九州南岸の太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島。
[少ない]若狭湾〜九州北部。
朝鮮半島南岸、済州島。

つまり、初島といえばタカベ。

生態

産卵期は6-8月。動物プランクトンを食べている。
関東では夏の魚の代表的なもの。市場などでは4月、5月は走りの時季、6月、7月、8月が旬と考えている人が多い。面白いことに走りを喜ぶ関東にあっても、春のタカベはよしとしない。例えば4月に入荷しても「まだ早い」と手を出さない人が多い。
三重県などでも揚がるが関東ほどには高値がつかないし好んで食べるということもない。
基本的に焼き魚用の魚で、生食することはまずないにも関わらず高値がつく。

つまり、3月のタカベはまだまだ走りにもならない。
だからタカベは夏ってアピールしたのになあ、、、、

味わい

旬は初夏から夏
鱗は小さく弱い。皮は比較的厚みがあり、しっかりしている。骨は軟らかい。
血合いの色は鮮度が落ちると赤黒くなる。透明感はあるものの刺身にして美しくない。
熱を通しても硬くならず、身離れがいい。

じゃ、とりあえず作るよ!

タカベ兄弟。ちいせえ笑


スポンサーリンク

鱗と内臓とる!

鱗は柔らかくてすぐに落ちる。飛び散らないしかなり楽な部類( ͡° ͜ʖ ͡°)

そして片方は塩を塗る、もう片方はぶつ切りにする!

旬のタカベは脂が強いから長めに塩を馴染ませたほうがいいとかって話もありますが、
捌いた感じ脂を感じなかったので、普通に!

とりあえず塩焼きに!

完成だ!


料理でもなんでもねえ笑

半分に切った方は小麦粉テキトーに

これは光の加減の問題です。
我が家の小麦粉は茶色ではありません。

白です!
なんでだろう。めっちゃ気持ち悪い色だな。

揚げる!


軽く小麦粉まぶしただけなんで素揚げに近い( ͡° ͜ʖ ͡°)

完成!


確実に足りないと思ってたんで帰りにタチウオ買ったんでそれも!

タチウオがボリュームありすぎるけど、手前がタカベです( ͡° ͜ʖ ͡°)

実食!!!

タカベはやはり塩焼きが旨いとの定評なだけあって、
確かに旬を感じる感じではなかったけど非常に美味でした!

脂が乗った時期に食ってみたい!!

素揚げはさすがに脂がないだけあってカラってサクサクっと揚がりました!
頭も骨も、余すとこなく行けます( ͡° ͜ʖ ͡°)

カレー粉まぶしてビールのつまみにもいい感じ!

ついでに

タチウオは卵が入ってたので湯引きしました〜


過去の卵湯引き市場最高にお湯によって縮みました( ͡° ͜ʖ ͡°)
1/3くらいになった気がする。

ポン酢かけて、トロトロで激ウマ( ͡° ͜ʖ ͡°)
なんで写真赤みがかるんだろなー壊れたかなー

じゃあの。

スポンサーリンク
↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする