三浦市松輪港 成銀丸でカワハギ釣りまくり!

鼻のおばけが伊豆でフカセに勤しむ一方、エースはまたも松輪港で、、

タラリーン!ハナカラギューニュー!こんにちはエースです。

鼻のおばけが伊豆でフカセに奮闘している、同時刻、エースと名乗る男は松輪港、成銀丸さんにお邪魔しカワハギ釣りをしてきました。

5歳になる姪っ子の大好物のカワハギの肝和えを作るべく行ってきましたよ。会うたびに「カワハギまだー?」なんて聞かれちゃそりゃやるしかないだろと!

スポンサーリンク

成銀丸さんへ

最近始めたツイッターやフェイスブックを見てまして色々検討した結果成銀丸さんへ!コンスタントに釣れている印象でした。なんか真鯛とかもかなり揚がってるみたいで今度行って見たいなー。

先日の伝五郎丸さんと同じ港、松輪港へ!行き慣れているせいかm初めての船宿さんでしたがあまり緊張せずに行けました。到着すると受付で席を選択後乗船。

「こんにちはー、よろしくお願いします。」

常連と思われるお客さんが話しかけてくれる。こういうの気が休まるよなー。伝五郎丸もそうだったけど松輪港ってみんなフレンドリーなのかな。

エースは常連さんの隣の左舷の真ん中に着席、仕掛け作りと餌付をし、出船を待つ。仕掛けは普通の胴つきです。

クーラーボックスには釣りマッスルのステッカーを貼り!イカすわー

出航!そして序盤戦

定刻に出航しほどなくすると最初のポイントへ。

すると、

ビュンビュン!

竿先がビクつきすかさず合わせる!ほいや!23センチのカワハギちゃんでした^^

ものの五分でゲットしこのペースだと100匹くらい釣れるなとか思いながら二投目。

ビュンビュン!

竿先がビクつきすかさず合わせる!ほいや!20センチのカワハギちゃんでした^^

おいおいと。クーラー足りるかな?

しかし当然そんなに甘くない。

その後当たりはまったりし始め、なんとか9枚くらい確保。右の常連さんと思われる方は立てて続けに釣ってらっしゃる。。

スポンサーリンク

中盤戦へ

ポイントを移動しながら釣りに集中するものの中盤戦に入りピタリと辺りが止まる。

ちょんちょんされてんだよなー。いるんだよなー。でもそこからの引き出しがない。。

餌は取られても針がかりしない。こういう時はどうしたらいんだろう、とか考えていると!

ぎゅんぎゅんぎゅん!

これは!カワハギだけどやばい!

今まで大したカワハギ釣ったことないけどこいつは別格だとわかる!

カワハギ界の栃東や!緊張しながらあげていく、、

見えてきた!そのままあげると、こんにちはー!!!ドスコイドスコイ!

21センチ、、ごく普通のサイズとw

前から思ってたけどかわはぎって当たりとか引きの強さとサイズがあんま比例しない気が済んだよなー。期待させやがってコラ。このあともポツポツ当たりがあるが、かなりの確率でバラしてしまう。

カワハギってバレる率高い気がするんですがどうすればいいの?教えてください。

一方、となりの常連さんはエースが苦戦するなか、着々と釣果を重ね続ける。しゅごい。あれ、あさりが赤いぞ?

終盤戦

残り時間がすくなっているのがわかる。釣れない。

これはまずい。

最後と思われるポイントへ移動し、残り1時間となる。そしてその時、久々の当たりが!

二枚がけでした。安心。実は少しやり方を変えてみた。

大きく少し誘って待つ、つんつんされて集まってきたなと感じたら小さめに誘ってそいつらに食わせる。無理に合わせないで待つ。

隣の人も他の人と比べて待つ時間が長かったような気がする。この二段誘いスペシャルが功を奏したのか立て続けに釣れる。

以前の伝五郎丸のときもイサキのときもそうでしたが、結構終了側の魔術師なんですよね、エースと名乗る男って。

まぁそれはさておきなんとか巻き返し最終的に16枚で納竿。

おかず分は確保できたかな、、。それにしても成銀丸さんよかったです。お客さんもみんなフレンドリーでしたし、かなり粘らせてくれました。ありがとうございます、また行きたい!

ポイントがすごい勢いで溜まるわりには溜まったら7000円オフなんですよね。これは嬉しい。

最後に常連さんと少しお話をする機会あり、赤いアサリの正体を聞いたところダイワが出しているアミノソルトというものに漬けていたようでした。

「まぁ気休めだよ」って言ってましたけどやっぱ釣れてる人の真似していかないとな。今度使ってみよー。優しくしていただき感謝です!

肝醤油と肝あえで姪っ子ちゃんにもすごく喜んでもらえました!

帰りの車の中、次何しようかなー早く釣りしてーなーなんて考えるエースでした。

スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
[関連コンテンツ]