中深場金目鯛デビュー戦!初心者も安心のおおもり丸

小田原早川港のおおもり丸にて中深場 金目鯛デビュー!

鼻のおばけです!

もう年が明けて1週間ですか、ちょっと早すぎますな。
これ52回繰り返したらまた来年か、、、

何回釣りできるかな〜
そろそろ行き詰まってきた100目釣り、あと21種類、年内いけるかなー

昨年11月くらいから、
2018年の船釣りは中深場デビューから始めたい!
と、言い続けてきました。

しかしいざ上州屋に調査しにいくと、
竿はまぁ1万円ちょぼちょぼで買える、でもPE8号をめっちゃ巻きたいとなるとやはりSHIMANOなら6000番くらいの電動になるから6万はかかってしまう。
そしてそのリールを使う機会はキハダとかしかないと。

そりゃさすがにきつい。
釣り初心者であり、中深場童貞の私は、店員さんに促されるままとりあえずレンタルでやることにした。
最近ようやく自前タックルで釣る喜びを感じ始めたのに。

早速予約だポン!

いきなりトラブル激突だポン!

別に悪口書きたいわけじゃないので名前は伏せますが、
まず連絡したのは、最近大好きな真鶴!
まだ行ったことない某丸!

鼻『すいません中深場の予約お願いしたいんですが
船長『はいよ、何日?
鼻『1月某日です
船長『はいはいちょっと待ってねー
鼻『ちなみに2人で、2人ともレンタルお願いしたいんですが大丈夫?
船長『2人とも!?
鼻『はい。
船長『それはちょっと厳しいかもしれないなー難しい釣りだから。やったことは?
鼻『深場は初めてです
船長『あー厳しいわ。ほかの釣りとは全然違うから。カワハギじゃダメ?
鼻『ダメっす、ウィッス

こんな感じで断られ、メンタルボキボキでしたけど、とにかくキンメが釣りたい!
そんな一心でもう一軒、今度は葉山某丸。
そしてなんと全く同じ理由でこちらもお断り!!

レンタルで嫌な顔され、
初体験でとどめさして断られる。

なんなのほんと。
どんだけ参入障壁たかいの。
私があのとき上州屋でタックル揃えてたらそれだけでいきなり初心者扱いから脱却できんの?
私がどっかで一度経験すればそれだけで劇的に成長して船宿もウェルカムモードになんの?

ひどすぎますわ。
ホントこーゆー船宿はマーケティング間違えてる気がするわ。
もっと初心者に優しくしないと顧客層が広がらないよなー。

とか不満を吐露しつつ、
やはり初心者は船長に迷惑かけないようにベテランと来て教えてもらいながらやれ、ってことなんだろなー。
とか、こりゃホントにハードル高い釣りなのかも、おまつりやばそうだし迷惑かけないようにしなきゃ。
とか、不安ばかりが募る。

そんなときに出会ったのが小田原早川のおおもり丸さんでした( ͡° ͜ʖ ͡°)

基本的にたぶんかなり我々の予約を嫌がってはいたんですが、
最終的にはホントに厳しいからねって念を押されながら予約を受けていただき、
折れまくっていた私の心をすこしだけ修復してくれました( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク

いざ参らん!!おおもり丸!

学生時代からテスト前はひとりで黙々と勉強するより、友人と集まって無意味な情報交換をしてそのトークで不安を紛らわせるタイプだった私は、
前日の飲みすぎもあって、エースと名乗る男の車で一緒に行くことを打診。

車中、
2人の未経験者が想像で中深場を議論する。いと滑稽である。

ともあれ、5時45分出航の前に釣り方教えるからと指定された4時半には現地に着き、
エースと名乗る男の真紅のイケ車の正面にピンクの【釣り三昧】ステッカーを貼って痛車にして遊んでいると、

船長『シュウゴウココジャナイヨー!!!!!

集合は船の前だった様子。
まずは乗船して場所をとり、レンタルロッドを設置していただいた。

鼻『あれ?これ道糸何号ですか?
船長『4号ですねー
鼻『え、このリール、プレミオの、、、
船長『3000番ですねー

オレノトオナジ!!!!!wwwww

自分のタックルで行けたわ!
やばい!次回は自分のタックルでまた来たい!まだ始まってないけど。

そして初めての我々を含み、2度目だとか釣り方に不安あるという人たちみんなを集めて船長の講習会!!
なんだよ!みんな仲間じゃん!!

その講習もとても丁寧でマジで目から鱗。
鬼の親切さに、我々も時折目を見合わせて驚愕する。
だいたいイメージ出来た!あとは実践!!!!!

船宿で受付をし、
初めてなので5本ばりの仕掛けを購入。

スポンサーリンク

仕掛けのイメージ

出航後、最初のポイントは45分。
それもあらかじめ予告してくれるからホントいい。
仕掛け準備したあと寝れる( ͡° ͜ʖ ͡°)

素晴らしい朝焼けと共に。

エース『5は行きてえ
鼻『志すげえ、3だな

恒例の皮算用である。

ポイントに着くと船長がわざわざ我々のとこにきて仕掛け投入を実演してくれた。
エサはサバの切り身が支給される。その他イカタンやホタルイカなどこだわりある人は勝手にどうぞとのこと。
優しさに包まれた。魔女の宅急便放送直後で、まさか現実でも優しさに包まれるとは( ͡° ͜ʖ ͡°)

水深はだいたい300mくらい。

棚に仕掛けをセットすると、、、、!!!!!

イキナリアタッテルゥゥゥゥゥ

え、なにこれ、天才なの?
盛り上がる私。
勝ち誇って隣を見ると、エースと名乗る男の竿もビクついてる。

鼻『え、あたってる?
エース『コクリ

しゃべれや!
当たったら言えや!盛り上がれや!!

船全体であたりがあった棚を共有化するためにあたったら船長に言ってって言われてんのに、
結果的にこの日、彼は一度もあたりをリアクションすることはなかった。そう、仲間の私にさえも笑

ともあれ我々の竿には1匹なにかがかかっている。

巻き上げたい。
すぐに電動ゴリ巻きしたい。

しかし船長の教えは違う。
・あたりは一番上の針に食う、一回あたりがあったら1m巻いて30秒〜1分、次の針に食わせる。これを全針繰り返す。
・巻き上げはゆっくりと。全力の3割くらい。

我々はとりあえず1mあげて待って見る。
心の中でカウント。
5秒カウントした時点で1分とかは待てないと確信。
おそらく10秒毎くらいで棚をあげてしまう私。
完全なる中深場童貞である。

鼻『ねえ!バレちゃうって!
エース『やばい、バレたかも!

いや、バレた報告よりあたりの報告しろや

鼻『よかったーまだいるかも
エース『あ、まだいる、巻き上げたい!
船長『我慢我慢
鼻『やだ!もう無理限界!あげる!!
船長『早すぎ!!!!!

我慢の限界を超えて祈りながら巻き上げる私、数十秒後、追随するエースと名乗る男。
そして寄り添ってくれる船長。
取り込みでバレないように常に下にタモを準備してくれてる。また包まれた。タモにも優しさにも。

どうやら私の仕掛けがエースと名乗る男の道糸にまつりまくってる様子。

まず上がって来た私の仕掛けにはなんと3匹!!
船長はそのおまつりをほどきながら輝くキンメを取り込んでくれる。
しかしその間、海中で放置されたエースと名乗る男の仕掛けにかかったキンメはサメに襲われた様子。エダスごとブチ切られながらも彼も2匹釣り上げる。

その後、ちょこちょこ移動しながら、特有の一斉仕掛け投入も、
船長がしっかりと準備時間とってくれるので遅れることなく投入できる。
しかし船内サメの被害が多発し、私も幹糸から切られ錘紛失。
サメから回避するべくバレるの覚悟でゴリ巻きしたりしながら、
なんとかまた2匹ずつ追加。

一投一投がかなり時間もかかるのでたしかにゆったりと時が流れていく。

船長『おふたり何匹いきました?
鼻『5匹、4匹です!
船長『この朝一がチャンスタイムなんで、ここからはポツポツですかね!
鼻『マジすか!まったりですね!
船長『まぁこの前は船中2匹だったから、いい方でしょ!

いやー楽しい。キンメ楽しい。

次の仕掛けも順調に落とす。
やはり水深は300m前後。

エース『いやー楽しいわ。これは二桁がノルマっすね!
鼻『ここからはポツポツらしいぞ
エース『えっ!そうなの!?

人の話をなにも聞いていない、、、、、

鼻『深いなー、サメだけに。
エース『、、、、、、
鼻『いやー深い。サメだけに。
エース『、、、、、、、

聞いてくれない、、、、、、

しかもしばらく停滞する時間が続く。
エサがそのまま帰ってくる。

なんか変なサメがかかったりする。
目が青い綺麗なサメでした。カラスザメというらしい。

まさにまったりモード。これはこれで平和でいい( ͡° ͜ʖ ͡°)
さて、次の投入は動画でも撮るかとケータイ準備。

すると、
船長『これはクロムツっぽいなー、底から1mにしてみて!


なんとエースと名乗る男の投入、あたり、取り込み全てを撮影することに成功した。

メダイとクロムツ。

分かっていただけるだろうか、彼のあたってもノーリアクションぷり。
隣で、しかも動画を撮影している私に対してもこれである。

しかし新種を2匹釣り上げるあたり、自らをエースと名乗るだけのことはある。
その後もクロムツに混じりオキメバルなど。
私には超マイクロなユメカサゴ。

その後、船は大きく移動。
船長『30分移動しまーす

非常にありがたいアナウンス。
30分かっちり爆睡する我々。
着いたのはたぶん真鶴沖。愛しの真鶴。

そこから再度、謎のボーナスタイム到来。
昼寝してシャキッとした我々に船内のざわめきが届く。
船長『5匹かけた人いたよ〜

マジかよ!
気合いが入る。

ふと横を見ると竿がブルブル言ってる。

マジで言えよ!なんなんだよ!

しかし、エースと名乗る男、痛恨のおまつり。
そして僅かながらブルブルいったので巻き上げは私も水面で痛恨のバラシ。
ボーナスタイムにふたりともゲットできず。

しかし、まだ終わってなかったボーナスタイム。
さすがおおもり丸さんや( ͡° ͜ʖ ͡°)

次の投入であたりを捉えた我々。
本日最長の我慢をして、同時巻き上げ。
ほぼ同じスピードで上がってくる仕掛け、つまり同じ重さなはず。
水面に現れたのは見事な鯉のぼり!!!
2人とも5本ばりに5匹ずつパーフェクト掛け!しかも同時!!!( ͡° ͜ʖ ͡°)

いやーマジ楽しい。

ホント楽しい。

船長も事あるごとにハリスのヨレとか直してくれて本当に親切。最高すぎる。
結果、私もエースと名乗る男も大満足のキンメ15匹14匹。
彼はプラスしてクロムツ3匹、メダイをお持ち帰り。私もクロムツ2匹お持ち帰り。

これは間違いなくまたいきますわ。
間違いなくすぐにまた行きたい!!!
当然、帰宅後も義理の実家や行きつけの寿司屋にプレゼント、大いに喜ばれ、マジで美味かった( ͡° ͜ʖ ͡°)

最高の幕開け!!!


スポンサーリンク

100目釣りへの道

No.1 クチブトメジナ
No.2 ウミタナゴ
No.3 ダイナンウミヘビ
No.4 マアジ
No.5 カワハギ
No.6 ムシガレイ
No.7 カサゴ
No.8 オニカサゴ
No.9 トラギス
No.10 クラカケトラギス
No.11 ショウサイフグ
No.12 ゴマサバ
No.13 クロモンガラ
No.14 カツオ
No.15 イサキ
No.16 オナガメジナ
No.17 ホシササノハベラ
No.18 クロホシイチモチ
No.19 スズメダイ
No.20 ギンポ
No.21 マサバ
No.22 クロメバル
No.23 マイワシ
No.24 アカメバル
No.25 キタマクラ
No.26 メゴチ
No.27 モミジガイ
No.28 アイゴ
No.29 ハオコゼ
No.30 ウルメイワシ
No.31 アラ
No.32 ナガサギ
No.33 モンツキアカヒメジ
No.34 イスズミ
No.35 アマミスズメダイ
No.36 オスジクロハギ
No.37 セダカハナアイゴ
No.38 カンモンハタ
No.39 オオモンハタ
No.40 ネンブツダイ
No.41 イシダイ
No.42 シイラ
No.43 ヒラソウダ
No.44 マルソウダ
No.45 テナガエビ
No.46 シロギス
No.47 マハゼ
No.48 アブラハヤ
No.49 タチウオ
No.50 オキエソ
No.51 シマアジ
No.52 ドロメ
No.53 サヨリ
No.54 ハナダイ
No.55 サバフグ
No.56 イトヨリダイ
No.57 マダイ
No.58 イナダ
No.59 ササダイ
No.60 マハタ
No.61 メジマグロ
No.62 ゴンズイ
No.63 ハタンポ
No.64 カンパチ
No.65 ホンベラ
No.66 アカアマダイ
No.67 アカササノハベラ
No.68 イラ
No.69 オキゴンベ
No.70 タマガシラ
No.71 キダイ
No.72 オキメバル
No.73 ウマヅラハギ
No.74 アカイサキ
No.75 ヒメ
No.76 キントキダイ
No.77 シキシマハナダイ
No.78 ソコカナガシラ
No.79 マダコ
No.80 キンメダイ
No.81 カラスザメ
No.82 メダイ
No.83 ユメカサゴ
No.84 クロムツ

スポンサーリンク


YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
関連コンテンツ
[関連コンテンツ]

シェアする

フォローする

コメント

  1. icy より:

    中深海デビューおめでとうございます。
    自分も2月に福浦でデビュー予定ですので参考になりました。
    金目かどうかは不明ですが(笑)
    おおもり丸様、とても優しくて素晴らしいですね。
    自分もチャンスを見つけていってみたいと思いました。

  2. kikori.going より:

    福浦うらやましいっす!
    中深場はライトタックルなら全然普通の釣りと変わらずにいけると感じました!
    頑張ってください( ͡° ͜ʖ ͡°)