師匠と行く、全遊動フカセ釣りデビュー編@三崎

全遊動フカセ釣りでデカメジナを狙いに三崎へ!

ご無沙汰でーす

鼻のおばけでーす

自らをエースと名乗る男との西伊豆修行、最終日に地磯デビューにて大惨敗を喫した彼は、
失意の帰路車内にて、数ヶ月ぶりに師匠に連絡をした。

師匠とは、一年ほど前に我々にフカセ釣りの基本のキを教えてくれた兄貴。
そこから我々は、ただ教わった仕掛けでしばらく頑張って、なにげにメジナとか釣れるようになってきました。

しかし、

完全に行き詰まった今回、もっと上のステージに上がるべく、
自由にやりたい派急先鋒の彼が、我慢できずに師匠に懇願し、3週間後の先日、三浦にて再度講義たまわったのでした( ͡° ͜ʖ ͡°)
[スポンサーサイト]




その日に向けて師匠が準備しとけとおっしゃったのは、全遊動フカセのための仕掛け。
ウキの号数なんてテキトーでいいや派の我々に、00号を指定してくれた。

当日、朝3時、三浦某所釣り餌屋に集合。
師匠との釣りはまずコマセ作りからしてテキトーさがない。
コマセは溶けた分だけテキトーに崩してドリップがなくなるくらいにテキトーに好きな配合餌混ぜてテキトーに使う派の我々に、
そんなんじゃダメだと再度それぞれの配合餌の意味から叩き込んでくれた。
そこに関しては前回も叩き込まれたものの、めんどさにかまけてテキトーになっていたことを再反省、、、

三崎某所。午前3時半過ぎ。
超かぜつよい。
海面をヘッドライトで照らさないようにという師匠の教えを頑張って守りながら釣り開始。

わたしとエースと名乗る男との握り。
鼻『最大のサイズで勝負な
エース『おけ
鼻『差のcm×200円?
エース『たりなくね?
鼻『300円?
エース『おけ
鼻『メジナ以外はカウントする?
エース『は?しない

決まった。

全遊動はウキ止め糸が不要だし、全層探れるし、あたりがラインを握る手のひらにビシビシくる。
まだガンダマなしで仕掛けを早めに落とすのには苦闘したとはいえ、ウキをただ眺めるだけのフカセに飽きていた私には好都合な釣り味だった。

からまん棒の代わりにからまんホタルを付けて仕掛けを送り込む。
最初のあたりは強烈だった。
手元で道糸のたるみを取ることにだけ集中してたらたるみが一気になくなってズドンって。

ターーーッ

って合わせたらもうマジやばいすわ。
完全にいい感じの引き。

クジラキタわ!!

とか言いながら、タモを持とうとする師匠に不要と伝え笑、抜き上げた。
32cmのメジナ。

満足した( ͡° ͜ʖ ͡°)

そこからはしばらくアタリが止まる。
止まるというより餌取りのキンギョとキタマクラの猛攻を受ける。

師匠もしばらくは餌取りに苦戦。

しかしさすが師匠。
しばらくすると次から次へと良型のメジナを釣り上げる。

私のとこにも32cmくらいまでのメジナがポツポツと。

そして相変わらず暗いうちはライントラブルとひたすら戦うエースと名乗る男。
釣りに費やす時間の37%くらいをライントラブルに向き合い、21%くらいをライントラブルにより沈んだメンタルを立て直すことに費やす男。
さすがや。

おいおい。

このままだと9600円だぞ。

あー磯竿買えるなー。

明るくなり餌取りしかかからなくなったのでそんなことを考えていたら。
エースと名乗る男の地合いが突然訪れた。

20数センチの初メジナを颯爽とリリースしたと思ったら、
次から次へとサイズを上げて釣り上げる。

しかも私も師匠も全く釣れてない時間に1人だけ。
いつしか私の勝ち額も数百円に、、、

そしてトドメに32cmのメジナを釣り上げ、勝負不成立に( ͡° ͜ʖ ͡°)

そこからは完全に日も昇り、師匠も諦めモードで私のとこにきた。

師匠『アタリなくなったね〜
鼻『そっすねー、ずっとエサ取りっすねー
師匠『この時間くらいまでなんだよな〜
鼻『お、きた

師匠の目の前でアタリ、釣り上げたのは36cm、自己記録( ͡° ͜ʖ ͡°)

いやー思い残すことはメジナに関してはないっす!
あとはマダイ釣りたいっす笑

そんな感じで釣り場を変えることに。

ここでは36cmを頭に8匹。
3匹だけ持ち帰ることに。

撤収作業中に横で愛犬と釣りしてたおじいさんが、たぶんあまり釣りしない人なんだろうけど、その人も帰るらしく、唯一の釣果を見せてきた。

おじいさん『これはなんて魚かな?どうやって食べればいい?
鼻『キタマクラっすwwwwwww
師匠『どうしました?
おじいさん『これは食べられない?
鼻『絶対やめたほうがいいっすよwwww
師匠『猛毒です
おじいさん『食べられる部位とかないかな?火を通すとか
師匠『絶対やめたほうがいいです

人の命を救いました( ͡° ͜ʖ ͡°)

移動した目的はほぼコマセを使い切ることだったので、移動先はかなり平和な、風もない堤防。
もう視線の先にエサ取りウジャウジャ。
スズメダイとベラばかり。

オキアミじゃ投入しても数秒でなくなり釣りにならないので、
そのへんにあるもので釣ってみることにした。

結果、
松葉貝→全くアタリなし
タニシみたいな貝→ほぼアタリなし
フジツボ→ベラから大人気、全投あたる
カメの手→ベラから人気

エサ取り猛攻でアタリもないままオキアミなくなる状況に飽きていた師匠もいつしかフジツボで楽しみ始めた笑
マジでフジツボすごい。
究極のエサ。

ここではコッパ2匹に終わり、納竿でした。

かなり充実したし、またひとつ、釣りのステップアップができた我々でありました。
師匠にはホントに感謝しかないね( ͡° ͜ʖ ͡°)

つかベラ類はホシササノハベラしかカウント出来てないのか。
ホンベラが追加ですな( ͡° ͜ʖ ͡°)

最後に、勝負に勝った金は受け取ってない。
次回多額の敗北を喫した際に、チャラにしてうやむやにする予定。

スポンサーリンク

100目釣りへの道

No.1 クチブトメジナ
No.2 ウミタナゴ
No.3 ダイナンウミヘビ
No.4 マアジ
No.5 カワハギ
No.6 ムシガレイ
No.7 カサゴ
No.8 オニカサゴ
No.9 トラギス
No.10 クラカケトラギス
No.11 ショウサイフグ
No.12 ゴマサバ
No.13 クロモンガラ
No.14 カツオ
No.15 イサキ
No.16 オナガメジナ
No.17 ホシササノハベラ
No.18 クロホシイチモチ
No.19 スズメダイ
No.20 ギンポ
No.21 マサバ
No.22 クロメバル
No.23 マイワシ
No.24 アカメバル
No.25 キタマクラ
No.26 メゴチ
No.27 モミジガイ
No.28 アイゴ
No.29 ハオコゼ
No.30 ウルメイワシ
No.31 アラ
No.32 ナガサギ
No.33 モンツキアカヒメジ
No.34 イスズミ
No.35 アマミスズメダイ
No.36 オスジクロハギ
No.37 セダカハナアイゴ
No.38 カンモンハタ
No.39 オオモンハタ
No.40 ネンブツダイ
No.41 シマダイ
No.42 シイラ
No.43 ヒラソウダ
No.44 マルソウダ
No.45 テナガエビ
No.46 シロギス
No.47 マハゼ
No.48 アブラハヤ
No.49 タチウオ
No.50 オキエソ
No.51 イシダイ
No.52 シマアジ
No.53 ドロメ
No.54 サヨリ
No.55 ハナダイ
No.56 サバフグ
No.57 イトヨリダイ
No.58 マダイ
No.59 イナダ
No.60 ササダイ
No.61 マハタ
No.62 メジマグロ
No.63 ゴンズイ
No.64 ハタンポ
No.65 カンパチ
No.66 ホンベラ

スポンサーリンク
YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
[関連コンテンツ]