西伊豆合宿 地磯デビュー仁科港オンビ!

デカメジナを釣る。

今回の合宿の目的のひとつだったわけです。

そのために我々が決断したのは、地磯に行ってみようということ。
伊豆の地磯ガイドなるものを金に糸目つけずに購入し、熟読しながらイメトレしてみた。
が、いきなりロープで降りるとかちょっと背負子もないしアレじゃね?ってことで決めたポイントは、

仁科港の『オンビ』

とにかくアクセスが超楽。
そのわりに釣れるとかなんとか。
しかし数人しか釣り座を構えられないとかなんとか。
[スポンサーサイト]




我々は、オンビに賭けた。
片やカゴを5つ紛失し、片や磯竿を2本破壊した、あまりに代償の大きいこの西伊豆合宿の集大成。
いい思い出にするために、ここでデカメジナを釣る必要がある( ͡° ͜ʖ ͡°)

午前3時。
数人しか入れない釣り座を確保すべく我々は起床し、宿を出た。

オンビの駐車場は、仁科港の一番奥だが、夜釣り禁止とあって水門が封鎖されている。
我々は仕方なく遊歩道入口に駐車し、オンビに向かった。

暗闇の地磯で支度をしていると、
エースと名乗る男『あれ、電気ウキの電池が足りねえ』

かわいそすぎる笑
完全に釣具屋の店員に騙されてる( ͡° ͜ʖ ͡°)
しかし気にしても仕方ないので私は無視して煌煌とと輝く電気ウキで釣り開始。
彼も普通ウキで始める。

フカセ名人の竿がしなる(しなってはいない)

ハタンポ、、、

一応新種だが、こんなものを釣りにきたんじゃないべ。
しかし、そこから夜明けまではハタンポまみれ。

朝まずめ。
ウキが見えるようになったエースと名乗る男の竿が今度はホントにしなる。

いい型の赤メバル〜美味そ〜

私の元にはコッパメジナばかり。

その後もずっと。コッパばかり。良くても25cmくらい。
こんなん三浦で釣れるわと。

しかし我々には、その状況を打破する知恵もテクニックもなく、ただただ型のいいコッパを待つことしか出来ず、
気付けば宿をチェックアウトしなきゃいけない時間になってました( ͡° ͜ʖ ͡°)

かなり精神的にダメージきたね。
フカセは奥が深そうなのはよく分かった。でもその奥になにがあるのか分かっていない。
絶望的に実力が足りなすぎる。

悩める未来のフカセ師は、帰りの車で約一年ぶり師匠に連絡し、教えを乞うていた。

結果は出なかったが、未来に向けて一歩進むことになりそうな、地磯デビューとなった( ͡° ͜ʖ ͡°)

地磯にいくなら絶対着用しましょう!

スポンサーリンク

100目釣りへの道

No.1 クチブトメジナ
No.2 ウミタナゴ
No.3 ダイナンウミヘビ
No.4 マアジ
No.5 カワハギ
No.6 ムシガレイ
No.7 カサゴ
No.8 オニカサゴ
No.9 トラギス
No.10 クラカケトラギス
No.11 ショウサイフグ
No.12 ゴマサバ
No.13 クロモンガラ
No.14 カツオ
No.15 イサキ
No.16 オナガメジナ
No.17 ホシササノハベラ
No.18 クロホシイチモチ
No.19 スズメダイ
No.20 ギンポ
No.21 マサバ
No.22 クロメバル
No.23 マイワシ
No.24 アカメバル
No.25 キタマクラ
No.26 メゴチ
No.27 モミジガイ
No.28 アイゴ
No.29 ハオコゼ
No.30 ウルメイワシ
No.31 アラ
No.32 ナガサギ
No.33 モンツキアカヒメジ
No.34 イスズミ
No.35 アマミスズメダイ
No.36 オスジクロハギ
No.37 セダカハナアイゴ
No.38 カンモンハタ
No.39 オオモンハタ
No.40 ネンブツダイ
No.41 シマダイ
No.42 シイラ
No.43 ヒラソウダ
No.44 マルソウダ
No.45 テナガエビ
No.46 シロギス
No.47 マハゼ
No.48 アブラハヤ
No.49 タチウオ
No.50 オキエソ
No.51 イシダイ
No.52 シマアジ
No.53 ドロメ
No.54 サヨリ
No.55 ハナダイ
No.56 サバフグ
No.57 イトヨリダイ
No.58 マダイ
No.59 イナダ
No.60 ササダイ
No.61 マハタ
No.62 メジマグロ
No.63 ゴンズイ
No.64 ハタンポ

スポンサーリンク


YouTubeでのチャンネル登録は下記のボタンから。


↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
関連コンテンツ
[関連コンテンツ]

シェアする

フォローする