天竜川河口でキャンプついでに釣りしてみた!

都心部の連続雨記録は今日途絶えたんでしょうか?
少なくとも私は雨を感じませんでした( ͡° ͜ʖ ͡°)

甲子園、激アツですね。
横浜出身なので横浜高校を応援している私としては、全く面白くない展開ですが、、、
それ以外で今回応援していた神戸国際大附、明徳義塾、仙台育英、盛岡大付属がいなくなりました。
私が応援してるチームは優勝できない説が相変わらずすごい笑

お盆の終わりは妻と子と、妻の親友2家族と、大人6人子供5人の総勢11人でキャンプでした( ͡° ͜ʖ ͡°)
場所は天竜川河口の竜洋海洋公園オートキャンプ場。
本当にたのしい2日間でした、企画し、そしてお招きいただきシェイシェイ!
スポンサーサイト




そんなアウェイの空間、というより協調性が重視される空間でも私の脳みそはやはり釣りなわけです笑
それもこれも来週は私の田舎、山梨に行かなきゃいけないので、今回釣り出来なかったら2週間出来ませんからね( ͡° ͜ʖ ͡°)

しかし妻子もいるので法外に早い時間には出発できない。
妻とのギリギリの交渉の結果、都内を出るのは6時半と決定。

多少の渋滞を超え、いそぐいそぐ、
しかし我々家族に与えられた役割、飲み物の買い出しを現地付近でしていたらあっという間に11時半、、、
集合は13時、、、

妻『昼飯、、、

俺『あ、、、

キャンプ場併設のレストランでカツ丼を食い、
その場で最寄りの釣り餌屋を聞いて、13時。
チェックインを妻子と友人にまかせてエサを買いに、、、

最寄りは満潮とかいうエサ屋。
とりあえず今回やりたいことは初のライトショアジギングなのですが、
キャンプ用になんかしら釣らなきゃいけないこと、子供たちも連れて夕方前に多少釣りもどきをすること、
これを考えたら、とりあえずシロギス釣っといて、釣りきったらジギングして、夕方前に手前の池で手長エビでしょ( ͡° ͜ʖ ͡°)
ってね!

俺『とりあえずイソメと、赤虫ください

エサ屋『赤虫ってみんな言うけどなに?赤イソメ?

俺『(みんな言うならそんとき聞いてよ笑)あれっす、手長エビ用の1cmくらいの赤い虫っす

エサ屋『そんなもんないなー、うちはイソメだけだわ。

その後も永遠と赤虫の説明を要求してくる。
赤虫求める客のためになんとかしてやりたいから教えてくれ感はなんとなく伝わるが、イソメしかないことがわかった以上、ここで油を売る時間はない。

俺『ちなみにシロギスどーすか?

エサ屋『1時間くらい前まで入れ食いだったらしいよ。でも潮が変わっちまったって言って常連さんもどってきたよ

俺『マジすか!みんなどんくらい投げてます?チョイ投げじゃ厳しいすか?

エサ屋『そりゃみんな思いっきり投げてるけど今日は大体足元だったってよ。潮かわってさっぱりらしいが

俺『オッケーっす!

そうと決まれば久々の投げ竿投げリールはやはり不安なので封印。
ライトショアジギングロッドでチョイ投げして、飽きたらジグだ!!( ͡° ͜ʖ ͡°)

私は急いでキャンプ場のとなりの海へ。

めっちゃ広い。
何人釣り人いても余裕だろくらいのキャパある。
こりゃいいわと。
しかもエサ屋の言うとーり、すでに投げ師もジグ師もいない。

やりたい放題やんけ!

と、とりあえずチョイ投げする。
マージ久々のチョイ投げ。
久々すぎてこのブログ的にはまだシロギス釣ってない笑

40mくらいのとこであたるも針がかりせず、
もっかいそのへん投げたらちゃんとかかったー
まぁ入れ食いとは行かなくても3投に1匹ペース。


3匹釣ったとこで妻から電話。
『もう乾杯しよーかってなってるけど

マジか!
はや!
ちょっと待ってせっかくだからジグ投げる練習したい!!

『すまん、もうちょいやらせて!

私はいそいでジグに切り替えた。
というのも、ジグ童貞。
25gのジグをとりあえず揃えたものの、25gなんて軽いもんが50mとか飛ぶ自信がなかったんす!
仕事中も外でたら、敷地の角から大股で50歩歩いてみて振り返る、こんな距離をそんな軽いやつ飛ばせるんかいな!
そう思ってたんす( ͡° ͜ʖ ͡°)

だから、人がいないうちに練習しときたかったんす。
人がいたら、
『あいつ20mくらいしか飛んでないやんけ、童貞かいな!』
ってなりそうだから( ͡° ͜ʖ ͡°)

で、

とりあえず投げてみたらなんのことはない、50mくらいは飛びますわ、杞憂でした笑
せっかく投げられたから奇跡起きろとしゃくりまくって、そして奇跡起きずに一旦退散( ͡° ͜ʖ ͡°)

そして、みなさんと合流後、手長エビ釣りゴリ押しと。
スポンサーサイト




なんかでもこの池汚くてさ。
手長エビいそうではあんだけどな。
多摩川のほうがまだ良かったな、なんとなく。

そして1時間くらい集中したんすけど結局手長エビは1匹だけ、かなりいいサイズだったけどね( ͡° ͜ʖ ͡°)

あとはマハゼがちょぼちょぼ。

なにげにブログ的には新種。

今回はシロギスにマハゼと、易きに流れた感があるわ笑

夜の飲みでは翌日4時40分から海でショアジギングする約束を旦那さんたちとして、就寝。

翌朝。

ふたりの旦那を起こして海へ。

よっし、ジギングでなんか釣るぞ!って。
海に着いて愕然。

隙間がない。
釣り人だらけで隙間がない。
投げ釣り師、ジギング師。
やばい本当に。


こんな広い海岸でこの時間に全く隙間がないなんて。

たまたま空いたとこになんとか滑り込み、
ほどなくしてとなりのおっさんが、今日はダメだーとか言いながら退散したのでラッキーにスペース出来ました。

いやまず人口密度に衝撃をうけ。
ひたすらジグを投げるも全くアタリなく、一度だけそれっぽいのあったけど。
まわりもこんだけ人いるのに全く釣れてない。

完全に明るくなると人も徐々にへっていく。

2時間くらい投げたんですけど久々の完全ボウズで退散。

いやージギングはハードル高いっすわ( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク

100目釣りへの道

No.1 クチブトメジナ
No.2 ウミタナゴ
No.3 ダイナンウミヘビ
No.4 マアジ
No.5 カワハギ
No.6 ムシガレイ
No.7 カサゴ
No.8 オニカサゴ
No.9 トラギス
No.10 クラカケトラギス
No.11 ショウサイフグ
No.12 ゴマサバ
No.13 クロモンガラ
No.14 カツオ
No.15 イサキ
No.16 オナガメジナ
No.17 ホシササノハベラ
No.18 クロホシイチモチ
No.19 スズメダイ
No.20 ギンポ
No.21 マサバ
No.22 クロメバル
No.23 マイワシ
No.24 アカメバル
No.25 キタマクラ
No.26 メゴチ
No.27 モミジガイ
No.28 アイゴ
No.29 ハオコゼ
No.30 ウルメイワシ
No.31 アラ
No.32 ナガサギ
No.33 モンツキアカヒメジ
No.34 イスズミ
No.35 アマミスズメダイ
No.36 オスジクロハギ
No.37 セダカハナアイゴ
No.38 カンモンハタ
No.39 オオモンハタ
No.40 ネンブツダイ
No.41 シマダイ
No.42 シイラ
No.43 ヒラソウダ
No.44 マルソウダ
No.45 テナガエビ
No.46 シロギス
No.47 マハゼ

スポンサーリンク
↓↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

シェアする

フォローする