ハワイで乗合船に乗り込んで釣りしてみた。

ハワイの船釣りにエース単独で乗り込んだ!

アロハ

自らをエースと名乗る男です。前回の釣り日誌の通り現在ハワイ旅行中です。

ハワイと言ってもね、なかなかの貧乏旅行でして、当然ホテルなんかに泊まれるわけもなく、コンドミニアムで過ごしております。でもそれが楽しいねなんつったりしてね!

コンドミニアムにはキッチンが完備されてて自炊ができちゃうわけですよね。

自炊、そう、釣り。

ハワイで釣りをしてきましたよと。1週間分の食料稼ぐよと。

ハワイで釣りをしてみて感じたこと、ハワイや外国での釣りの注意点などこれまた海外での釣り初心者目線でまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

キャプテンタイガーとともに

前日に購入した、兼ねてから欲しかった釣り用のG-SHOCKの時計を颯爽と忘れ、サシミフィッシングツアーなるうさん臭がなかなか強めな釣りツアーに向かいました。

  • 半日のチャーター
  • お昼の3時間コース
  • 夜の3時間コース

という主な三つのメニューがあり、まー今回は安全面もよくわからんし、外人怖いし無難にお昼の3時間コースに申し込み。

最近の釣果をみるとカワハギとアジがメインな模様。馴染みあんなーと思いつつアジ釣りまくってカンパチ狙ったるとか意気込んでました。

張り切って日本で仕掛けも買ってね。

受付が終わり船にメンバーが揃うと

「Hello! I’m captain tiger.」と、自らをキャプテンタイガーと名乗る男から釣りに関する説明が始まる。

何言ってるかほぼわかんないけどしきりに

「ラインズダウン!アンド!ラインズアップ!アーンド!キープザボトム!」

ラインを下げて、ラインちょい上げて、底をキープしろってね。

トルシエかな。

最初のポイントに到着

30分くらいの航海を終えた後最初のポイントに到着。

あらかじめセットされていたボロボロの仕掛けを俄然外し、日本から持参した鬼のちょい長めサビキ仕掛けに変更する自らをエースと名乗る男。それ見るや否や、「そんなんじゃ釣れねー。エサ付けろや」と注意する自らをキャプテンタイガーと名乗る男。

おいおいと。なめるなと。最近の釣果見てるぞと。

自らをエースと名乗る男は仕掛けの下二本の疑似餌を引き剝がし配布されたつけエサ(マグロの切り身)をつけハギを狙いつつ、残りの上部の仕掛けで光り物を狙う作戦を敢行。

エサ付けに苦戦する不器用なアメリカンをよそ目に颯爽と投入。ラインズダウン!アンド!アップ!アンド!キープザボトム!!タイガーの言葉が頭の中でリピートされやがる!

その時

ドゥンドゥンドゥンドゥン!!!!

きたきたと。

クロモンガラ(米名 トリガーフィッシュ/Trigger Fish)というやつでした。船内一匹目ということで戦闘員ロニさんも嬉しそうですね。

船内共有のクーラーボックスに魚を入れた後、釣りに戻る。思えばこの辺からいやな阿寒がしてたんだよな。

この直後妻君は船酔いでダウン。文句一つ言わず一人で吐いておりました。頼もしいですね。おかげで釣りに集中できました。。しかし、以降写真は撮れず。。

そしてその直後、

ズンズンズンズンズン!

きたきたと。

走りに走って隣の白人の少年の竿も巻き込んだ末挙げた謎の光り物。デケェー!!

何かわからないままロニのいるクーラーボックスに魚を持っていくと

「Katuo!!」とのこと。ほんまかと。

katuo!! は見事にサビキ針の2本目にかかっておりました。見たかタイガー。

スポンサーリンク

ハワイでの釣り注意点

その後速い潮で備え付けの10号の重りでおそらく底が取れていないのに気がつかないアメリカンをよそ目に、自我まるだしで25号を持参したエースはでかめのクロモンガラを釣りました。

しかしその後はでかい当たりが常にありつつ、ことごとく仕掛けが切られやがる。。持ってきたサビキとカワハギ針は全滅。当然備え付けのオンボロ仕掛けも全滅。周りも大きい当たりの度に切られてましたねぇ。

さらにね。終わった後、自分が釣った魚を持って帰ろうとした時、

エースが釣ったKatuo!!が船内のBBQで調理されているじゃアーリませんかー!!

それにパクつくアメリカン達、、絶望するエース、、慰める妻君。

あれ、悲しかったんだあ

というわけで注意点

  • 仕掛けは日本から持参しろ
  • ハリスは多分10号くらいのな
  • 自分の自分でさばいて食いたいならクーラーボックスは持参しろ
  • なんとなく穏やかなの想像してたらかなり揺れるので酔い止め必須

帰りの車でキャプテンタイガーに聞いたんですよね。船内で魚シェアするの普通なん?って

ハワイとか観光地では食う目的じゃなくて釣り自体をしに来る人ばかりだから普通みたいですね。まぁホテル泊なら当然なのかな。

というわけで釣り自体はあたりもかなりあったしとても楽しめましたし、夜釣りはものすごい釣れるみたいなので反省点を生かして次回はバクチョーリベンジしたいです。

最後に、Tamashiro Market (タマシロマーケット)という市場に行ったんですけど、

ここにある魚が安くてそりゃうまそうで、、何尾か買って帰っちゃいました。

マハロ